着物の価格について

夏でも暑くない着物の着こなし方

夏でも暑くない着物の着こなし方 着物はきちんと季節に合わせたものを選ぶことで、心地よい着心地を実現することが出来ます。
特に暑い夏であっても、着物の種類をしっかりと選ぶことで、涼しく過ごすことができます。
夏の代表的な素材としては、「絽」があります。
絽はとても薄い生地で風通しが良いのが特徴です。
また、袖口や裾元は通気性がとても良いので、着付けをするときに胴回りの工夫をすることが大切です。
通常であれば、下着の上に補正を行い、長襦袢、着物、帯という順番で着て行きますが、暑い夏の場合には、長襦袢を着ることなく、袖元と腰元だけに着けるようなものを用意しても良いでしょう。
補正後に、下着と一体化させて使うことが出来るので、重ねるものが減り、より涼しく過ごすことができます。
帯を締めるときにも、少し余裕をもって締めると良いでしょう。
暑いときには浴衣を着るという選択肢もあります。
帯も半幅帯を使用したり、襦袢なども必要ないので、心地よく過ごせるでしょう。

着物で行くと雰囲気が出る場所

着物で行くと雰囲気が出る場所 着物でお出掛けと言えば、夏祭りなどのイベントに着ていく浴衣を思い浮かべる人が多いです。
カップルで花火を見たり、屋台を見て回ったりと、浴衣は夏祭りには欠かせない装いになっています。
ですがどちらかというと着物は、日本の伝統美でもありますから、季節を問わず着用したいものです。
そんな中で、やはり京都は和装が似合う所で、レンタルした着物を着こなして歩いている女性をよく見かけます。
日本人だけでなく、外国人観光客にも人気を集めているようで、お土産に買ってかえるという外国人も少なくないです。
京都は、春にはお花見、秋の紅葉、世界遺産にもなっている神社仏閣と、和の雰囲気が満喫できる場所です。
京都だけでなく、古都のイメージがある場所は、着物で行くと雰囲気がでます。
又、洋服で行くより案外マッチするのが、展示会や展覧会の会場です。
お花、絵画など、様々な芸術に触れる時は、小紋や紬などを着ていくと、自然と場に馴染みます。

新着情報

◎2017/10/23

長襦袢を着る必要性
の情報を更新しました。

◎2017/8/23

着物に合わせる髪飾り選び
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

夏の着物
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

クリーニング店へ出す時の注意
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物の価格について
の情報を更新しました。

「着物 夏」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@yuzoo_k 着心地最高なのですが、遠目に見て真っ白に見える着物は苦手と最近気づきました😅羽織を羽織ればいけるのですが。

Twitter結城花音@普段着物研究家@yuukikanon42

返信 リツイート 15分前

もう春は過ぎ去り、いつのまにかが来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

Twitter毎日百人一首くん@TomoProgBot

返信 リツイート 19分前

来年の着物に袴にカンカン帽

城下町で着物着て和傘さして写真撮りたい!あたり期待!

Twitter照井絢子🐰BIZ CAMP@terui_j0425

返信 リツイート 9:46

「死のうと思っていた。今年の正月、よそから着物一反もらった。お年玉としてである。 着物の布地は麻であった。鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。 これはに着る着物であろう。まで生きていようと思った」 by太宰治 これかな。

Twitterトピルツィン@toopiltzin

返信 リツイート 9:29

着物】羽織は、紅葉が色づきはじめた頃に着て、桜は咲き始めた頃に脱ぐものと覚えておくと良いですよ。単衣の季節でしたら、単衣仕立ての羽織を着用できます。そういえば総レースの可愛らしい羽織も見かけましたね、冬には洋服にも合わせられるウールのケープやベルベットのコートをどうぞ。

Twitter本田桜@大和撫子@ymtndsk_sakura

返信 リツイート 8:37

遺言の名言:死のうと思っていた。今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。 太宰治

Twitter遺言の名言集@ttlw8q0t

返信 リツイート 8:24

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。

死のうと思っていた。 ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これはに着る着物であろう。まで生きていようと思った。/太宰治『葉』

返信先:@misskeio201807 着物がお似合いです。 3枚目は伏見稲荷でしょうか、結構歩きますよね。京都は春とか秋しか行ったことないのでに行ってみたいです。