着物の価格について

夏でも暑くない着物の着こなし方

夏でも暑くない着物の着こなし方 着物はきちんと季節に合わせたものを選ぶことで、心地よい着心地を実現することが出来ます。
特に暑い夏であっても、着物の種類をしっかりと選ぶことで、涼しく過ごすことができます。
夏の代表的な素材としては、「絽」があります。
絽はとても薄い生地で風通しが良いのが特徴です。
また、袖口や裾元は通気性がとても良いので、着付けをするときに胴回りの工夫をすることが大切です。
通常であれば、下着の上に補正を行い、長襦袢、着物、帯という順番で着て行きますが、暑い夏の場合には、長襦袢を着ることなく、袖元と腰元だけに着けるようなものを用意しても良いでしょう。
補正後に、下着と一体化させて使うことが出来るので、重ねるものが減り、より涼しく過ごすことができます。
帯を締めるときにも、少し余裕をもって締めると良いでしょう。
暑いときには浴衣を着るという選択肢もあります。
帯も半幅帯を使用したり、襦袢なども必要ないので、心地よく過ごせるでしょう。

着物で行くと雰囲気が出る場所

着物で行くと雰囲気が出る場所 着物でお出掛けと言えば、夏祭りなどのイベントに着ていく浴衣を思い浮かべる人が多いです。
カップルで花火を見たり、屋台を見て回ったりと、浴衣は夏祭りには欠かせない装いになっています。
ですがどちらかというと着物は、日本の伝統美でもありますから、季節を問わず着用したいものです。
そんな中で、やはり京都は和装が似合う所で、レンタルした着物を着こなして歩いている女性をよく見かけます。
日本人だけでなく、外国人観光客にも人気を集めているようで、お土産に買ってかえるという外国人も少なくないです。
京都は、春にはお花見、秋の紅葉、世界遺産にもなっている神社仏閣と、和の雰囲気が満喫できる場所です。
京都だけでなく、古都のイメージがある場所は、着物で行くと雰囲気がでます。
又、洋服で行くより案外マッチするのが、展示会や展覧会の会場です。
お花、絵画など、様々な芸術に触れる時は、小紋や紬などを着ていくと、自然と場に馴染みます。

新着情報

◎2017/10/23

長襦袢を着る必要性
の情報を更新しました。

◎2017/8/23

着物に合わせる髪飾り選び
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

夏の着物
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

クリーニング店へ出す時の注意
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物の価格について
の情報を更新しました。

「着物 夏」
に関連するツイート
Twitter

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

Twitter fightantlers 【ともに・つなぐ・こえる】Runes(ルーン)

返信 リツイート 3分前

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

@vtuber2525 無名ちゃんいいねありがと! はイベント目白押しっすね!水着や着物は着るんすか?絶対可愛いので密かに楽しみにしてるんすよ〜っ!

Twitter m_sena3 水月せな 🌙 Vtuber

返信 リツイート 12分前

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

RT @sahaikiru: #一般人の方が時々誤解していらっしゃること になるとよく「スケスケの袈裟」と言われますが、スケスケなのは袈裟ではなく改良服・改良衣と呼ばれる黒い着物。 首から下げた茶色いのが袈裟。ちなみに写真の着物も袈裟も動きやすく取り扱いやすく改良されたも…

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

Twitter ikuma_45 いこまぐま

返信 リツイート 28分前

RT @sevetoos: 骨董市で着物を漁っていたら着物姿のおじいさんが声をかけてきて「昔は俺も遊郭で遊女に着物を着付けていてなぁ着付けの一本目の紐をしっかり結べば着崩れはおきん。…固く結ぶ機会もあの子らはなかったがな」瞬きしたあとにはおじいさんはもういなかった #だしフォ…

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

Twitter aburakataburar1 ドゲドゥ 脱C+

返信 リツイート 39分前

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。

Twitter seiandshi 生と死の名言

返信 リツイート 44分前

RT @kamonnanami: 「蝉の翅のごとくに薄い」と言われた明石縮み。 価格も手頃なので戦後辺りまでは着物の定番だったらしい。 けど、今の明石を見ても、そこまで薄いとは思えない。聞けば、昔のものと今のものは違うのだとか。 そう知って、数年がかりで探した古手の明石がこれ…

Twitter ajizou723 RTの妖精

返信 リツイート 44分前