着物の価格について

夏でも暑くない着物の着こなし方

夏でも暑くない着物の着こなし方 着物はきちんと季節に合わせたものを選ぶことで、心地よい着心地を実現することが出来ます。
特に暑い夏であっても、着物の種類をしっかりと選ぶことで、涼しく過ごすことができます。
夏の代表的な素材としては、「絽」があります。
絽はとても薄い生地で風通しが良いのが特徴です。
また、袖口や裾元は通気性がとても良いので、着付けをするときに胴回りの工夫をすることが大切です。
通常であれば、下着の上に補正を行い、長襦袢、着物、帯という順番で着て行きますが、暑い夏の場合には、長襦袢を着ることなく、袖元と腰元だけに着けるようなものを用意しても良いでしょう。
補正後に、下着と一体化させて使うことが出来るので、重ねるものが減り、より涼しく過ごすことができます。
帯を締めるときにも、少し余裕をもって締めると良いでしょう。
暑いときには浴衣を着るという選択肢もあります。
帯も半幅帯を使用したり、襦袢なども必要ないので、心地よく過ごせるでしょう。

着物で行くと雰囲気が出る場所

着物で行くと雰囲気が出る場所 着物でお出掛けと言えば、夏祭りなどのイベントに着ていく浴衣を思い浮かべる人が多いです。
カップルで花火を見たり、屋台を見て回ったりと、浴衣は夏祭りには欠かせない装いになっています。
ですがどちらかというと着物は、日本の伝統美でもありますから、季節を問わず着用したいものです。
そんな中で、やはり京都は和装が似合う所で、レンタルした着物を着こなして歩いている女性をよく見かけます。
日本人だけでなく、外国人観光客にも人気を集めているようで、お土産に買ってかえるという外国人も少なくないです。
京都は、春にはお花見、秋の紅葉、世界遺産にもなっている神社仏閣と、和の雰囲気が満喫できる場所です。
京都だけでなく、古都のイメージがある場所は、着物で行くと雰囲気がでます。
又、洋服で行くより案外マッチするのが、展示会や展覧会の会場です。
お花、絵画など、様々な芸術に触れる時は、小紋や紬などを着ていくと、自然と場に馴染みます。

新着情報

◎2017/8/23

着物に合わせる髪飾り選び
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

夏の着物
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

クリーニング店へ出す時の注意
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物の価格について
の情報を更新しました。

「着物 夏」
に関連するツイート
Twitter

着物】6月~9月は単衣、薄物の季節です。単衣の着物は裏地の無い物をいいます。しかし、単衣の着物でも暑いと感じる7月8月は透け感のある薄物(絽、紗、麻)紅梅、麻縮、浴衣等を着用します。着物に着用する襦袢も、の物を使用しましょう。浴衣でしたら浴衣スリップのみでも大丈夫です。

Twitter ymtndsk_sakura 本田桜@大和撫子 - 2分前

リツイート 返信

この着物は涼しくて冬はあたたかいのよ~ 見た目より高性能なの

Twitter Kago_bot カゴノトリbot - 18分前

リツイート 返信

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。

Twitter Happy_phrase 幸せ名言 - 8:37

リツイート 返信

昨日はお茶のお稽古。雨にもめげずに着物着て行きました! 紺のシンプルな小紋に格子模様のシンプルな木綿名古屋帯でした。は暑くてお太鼓しなかったので、名古屋はすごく久しぶり😄 #今日の着物 pic.twitter.com/UJARPI1xlp

@grottono1 すてきなお着物姿~♡ エステに行ったかいがあったね!お着物が良く似合っていますよ。 泣いて笑ってお二方の門出を祝福できてよかったですね。のお着物も素敵だったわね~。

死のうと思ってゐた。ことしの正月、よそから着物を一反もらつた。お年玉としてである。着物の布地は麻であつた。鼠色のこまかい縞目が織り込められてゐるた。これはに着る着物であらう。まで生きてゐようと思った。 太宰治「晩年」

Twitter suki_uta_ichi 好きな詩の一節 - 6:34

リツイート 返信

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。(太宰 治)

Twitter meigenkanzenban 名言_bot - 6:34

リツイート 返信

三日月:【夢枕草子】 春はインチラ。颯爽とたなびく袴から見えるインナーも、あはれなり。 は透けナー。薄い白地の単衣から見えるインナー、いとをかし。 秋は胸チラ。気温が上下するこの季節、思わぬ暑さで着物を開けた様に見える胸の谷間、すばらし。 冬はなし。わろし。

Twitter mikasecpp_bot 三歌コピペ改変bot - 6:33

リツイート 返信

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これはに着る着物であろう。 まで生きていようと思った。

Twitter toredesu トーレ - 5:56

リツイート 返信

002:春すぎて来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにかが来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

Twitter 1hundred_1neck 百人一首bot - 4:22

リツイート 返信